• Feature

G-YARD

自社工場での眼鏡作り

”TOKYO CRAFTSMANSHIP”
失われた日本最古の眼鏡製法を受け継ぐ自社工場

100年以上前、現在の眼鏡産地である福井県鯖江市に眼鏡作りを教えたのは東京と大阪の職人でした。
東京の眼鏡作りの歴史は古く、江戸時代にまで遡るようです。東京で最後の工場も2011年春に途絶えてしまいましたが当時の伝統製法を完全に継承した生産工場を2014年に横浜で当社の自社工場「GYARD」として復活させました。

G-YARDとは

2011年に閉鎖された東京最後の眼鏡生産工場「敷島眼鏡」の系譜を継ぐ。
手間の掛かる工程の数々により生み出される東京眼鏡は”艶”となって表現され、鯖江産とは全く違った伝統的な風合いが特徴。
GYRADは2014年に「敷島眼鏡」のクラフトマン達と伴に設立。
東京の伝統製法をそのままに、新たなデザインチームと融合した世界でも珍しい工場となる。
伝統製法を取り入れたデザインチャレンジが評価され2016年にはアイウェア・オブ・ザ・イヤーを獲得。
北米やアジア展開もはじまり、世界からも注目されている。

G-YARDの拘り

どの工場よりも手作業によるカッティングが多く入っているのが特徴。
マシンで表現できない、独自のカッティングは一目で違いが分かる。

更に素材の下処理にも時間掛けており、完成後に変形しないよう徹底的にプラスチック生地を寝かせる。
磨きの工程が一番のこだわりで、デザイン・生地・色によって研磨剤やバフを使い分ける。
磨く回数も通常よりも1.8倍ほど多く、細かく研磨剤を分けて艶に深みをもたせる。

G-YARDを支える技術者

GYARD 渡邉修一(グランドマイスター)

眼鏡造り50年目を迎えたGYRADが誇る最上級マイスター
プラスチック眼鏡職人としてはNO1との呼び声が高い。

数々のアワードを受賞した眼鏡の生産を担当
世界各国のデザイナーやショップからの信頼が厚く、生産の依頼が絶えない。
特に現在は有名アパレルメゾンブランドから注目されている

Optometry

ドイツ式両眼視機能検眼

”眼のSOSを見逃してませんか?”
ドイツ式両眼視測定により、眼の状態をチェック致します

通常の単眼づつのみの測定とは異なり、両眼のチームワークをチェックしていきます。
目の疲れ・肩こり・目眩・頭痛などを眼鏡によって軽減できるかもしれません。
特に自覚しづらい遠視や乱視、両眼を寄せる力が弱い場合などのケースにも対応致しております。

ドイツ式両眼視検査について

メガネナカジマではドイツ式両眼視検査をベースにした精密検眼を行っております。
この検眼方式を基にスポーツサングラスのカーブ度数の算出や、遠近両用メガネの度数決定・レンズ設計のセレクトを行っております。

一般的に眼鏡の度数を検査する場合、片方の目を隠して片眼づつ測定します。
左右の見え方がなるべく揃うように度数を合わせるのが現在の日本で一番多い検査方法です。

両眼視検査はドイツ式、アメリカ式などを問わず、左右の眼のチームワークがスムーズに働いているかをチェックします。
言わば2つのカメラが存在しているのに、見えている映像は1つなわけですから、頭の中で色んな処理がされているのです。

目の動きをチェックし、度数を合わせ、スムーズな解析が行われているかをチェックする流れです。
お客様のライフスタイルにあったレンズ設計・機能も検査から導き出しております。

通常検眼との比較

例えば、
・度数を強くすると疲れてしまったり合わないと感じるので、いつも弱く作っている
・3Dの映画を見てもあまり浮き上がってこない
・本を読むのが苦手である

などに思い当たる方はいらっしゃいますでしょうか?
お客様一人一人の眼に個性があって、眼鏡をお作りする際は丁寧に見ていく必要があります。

従来型の日本で実施される検眼で作られる眼鏡で、80~90%くらいの方が不具合無く掛けられるのかもしれません。
しかしお客様の眼にきちんと合わせたレンズで見た世界はとても快適なものです。
不具合があるなしに関わらず、メガネナカジマでお作りした眼鏡がベストではなくても高いレベルのベタービジョンであること目指してお作り致します。

検眼のご予約

ご新規の方・顧客のお客様のご予約をお待ち致しております。
検査時間が~約1時間ほどです。
フレームをお求め頂けます方はフレームを選ぶ時間が別途を加算して下さいませ。

【ドイツ式両眼視検査】~検査時間 約60分~

2つの眼が上手に連動することによって奥行き感や立体感が生まれます。
従来の検査方法ですと片眼づつの検査となり、両眼のチームワークにトラブルが合っても見つけることが難しい場合があります。
例えば大型二種免許で実施される深視力測定などは、前提として両眼が上手に連動しませんと合格することが困難です。
ドイツ式両眼視検査によって奥行き感や立体感のトラブル改善が可能です。

メガネナカジマでは「視線移動」や「ピント調節チェック」を行い眼精疲労の原因となるトラブルもチェック致します。
「隠れ斜視」「スマホ老眼」「調節力の不具合」などの症状も見つかることがあります。
眼の疲労感を抑え、快適な見え方を実現するためにレンズ設計や色の提案致しております。

詳しくは→こちら

~おおまかなご予算の目安~
■レンズ
単焦点(近視・乱視・老眼) ¥25000~
遠近両用&中近両用 ¥60000~
スポーツサングラス 度付 ¥25000~

■フレーム
通常のメガネフレーム ¥15000~
スポーツサングラス ¥18000~
*いずれも2枚1組税抜

*検査のみは行っておりません。レンズ交換のみでも予約可能です

reserve

Don't miss anything

FOLLOW US